スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2012年01月14日 | - | - | - |

しがって、基礎代謝を元に戻さずに、摂取カロリーだけをカットするようなダイエットはいけません。


産後といえば、心配なのはダイエットです。
出産を終えてしばらく経つのに、出産前の服が着れない、だんなの態度がちがうなどいろいろな悩みがあると思います。
妊娠中というのは、どうしても運動はもとより、体を動かすこと自体も制限されるようになります。
お腹が大きくなると、体をねじったりすることもしにくくなります。
それでは、筋肉もおとろえるので、基礎代謝の少ない、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
それに、骨盤も一時的に開いた状態なので、下腹部が出て、お尻も大きくなる原因にもなります。
産後ダイエットでは、早くもとの体型に戻したい気持ちはわかりますが、無理は禁物です。
体調を崩したり、ますます基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。
したがって、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を上げる努力をしましょう。
はじめに食事ですが、授乳期は特にカロリーを気にするよりも、バランスを考えて食べるようにします。
骨盤が開いた状態にあるので、下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。座るときは、姿勢を正して座ります。
産後の体の回復を考えながら、2〜3ヶ月してから体重が落ちるようにすると良いですね。

| 2008年07月21日 | 産後ダイエット | - | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| 2012年01月14日 | - | - | - |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
Copyright (C) しがって、基礎代謝を元に戻さずに、摂取カロリーだけをカットするようなダイエットはいけません。 | 産後ダイエットに必要なこととは?. All Rights Reserved.