スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2012年01月14日 | - | - | - |

産後ダイエットを成功させるには、普通のダイエットとは少し違うポイントもあります。


産後といえば、やはりダイエットが気になるところです。
出産後しばらく経つのに、お腹が出たのが戻らない、出産前の服が着れないなどお悩みも様々。
妊娠中というのは、どうしても運動をしたり、体を動かすことが制限されてしまいます。
お腹が大きくなると、体をねじりにくくなったり、動作がゆっくりになったりもします。
それでは、筋肉もおとろえるので、基礎代謝の少ない、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
その上、骨盤が開いた状態なので、下腹部が出たり、お尻が大きくなってしまう原因にもなります。
産後ダイエットは、決して無理をしてはいけません。
基礎代謝を低下させて、さらに太りやすくなったり、体調をくずしてしまったりします。
ですから、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を上げることが大切です。
まず食事ですが、特に授乳期はカロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。
また、骨盤が開いた状態にあるので、横座りや足を組むのはさけて、姿勢を正して座るようにしましょう。
母乳を止めたら、わじわ太りだしたという人もいるので、基礎代謝の高い体作りを心がけましょう。

| 2008年07月22日 | 産後ダイエット | - | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| 2012年01月14日 | - | - | - |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
Copyright (C) 産後ダイエットを成功させるには、普通のダイエットとは少し違うポイントもあります。 | 産後ダイエットに必要なこととは?. All Rights Reserved.