スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2012年01月14日 | - | - | - |

赤ちゃんがしっかりお座りできるようになれば、ベビーカーウォーキングもおすすめです。


産後ダイエットを成功させるには、普通のダイエットとは少し違うポイントもあります。
体重は戻ったのに、お腹のぽっこりが戻らないなんていう方もいるようです。

また、お腹が大きくなると、体をねじったりもしにくくなり、行動もゆっくりになります。
それでは、筋肉もおとろえて、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。
しかも、骨盤が開いた状態になるので、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。
産後ダイエットでは、元の体型に早く戻さなくてはという気持ちがあっても、無理をしてはいけません。
後から体調を崩してしまったり、基礎代謝がさらに低下して、ますます太りやすい体質になってしまいます。
だから、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝量を上げる努力が必要です。
授乳期の食事は特に、カロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。
また、開いた骨盤を締めるのため、下腹部にサポーターやガードルを巻きましょう。座るときも脚を組まずに、姿勢に気をつけます。
産後は体の回復も考えて、2〜3ヶ月くらいしてから体重が落ち始めるようにすると良いですね。

| 2008年07月23日 | 産後ダイエット | - | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| 2012年01月14日 | - | - | - |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
Copyright (C) 赤ちゃんがしっかりお座りできるようになれば、ベビーカーウォーキングもおすすめです。 | 産後ダイエットに必要なこととは?. All Rights Reserved.