スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2012年01月14日 | - | - | - |

また、お腹が大きくなると、体をねじったりもしにくくなり、行動もゆっくりになります。


産後のダイエットについて、あなたは心配ではありませんか?
出産後しばらく経つのに、お腹が出たのが戻らない、出産前の服が着れないなどお悩みも様々。
妊娠中というのは、どうしても運動はもとより、体を動かすこと自体も制限されるようになります。
そして、お腹が大きくなるため、ひとつひとつの動作がゆっくりになり、体をねじることもしにくくなります。
それでは、どうしても筋肉の量が落ちてしまいますし、基礎代謝が下がるためにカロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
しかも、骨盤が開いた状態になるので、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。
産後のダイエットでは、どうしてもあせってしまいがちですが、無理をしてはいけません。
無理なダイエットに手を出してしまうと、体調を崩したり、基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。
だから、基礎代謝を元に戻す努力をしないまま、摂取カロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。
やはり、食事は3食キチンとよく噛んでいただきます。それから、過食や間食には気をつけて。
開いた骨盤を締めるために、下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。座るときは脚を組まずに、姿勢を正します。
母乳を止めたら、わじわ太りだしたという人もいるので、基礎代謝の高い体作りを心がけましょう。

| 2008年07月25日 | 産後ダイエット | - | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| 2012年01月14日 | - | - | - |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
Copyright (C) また、お腹が大きくなると、体をねじったりもしにくくなり、行動もゆっくりになります。 | 産後ダイエットに必要なこととは?. All Rights Reserved.