スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2012年01月14日 | - | - | - |

体調を崩したり、ますます基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。


産後といえば、心配なのはダイエットです。
出産後しばらく経つのに、お腹が出たのが戻らない、出産前の服が着れないなどお悩みも様々。
妊娠中は、どうしても運動はもとより、普段から動くことが少なくなりがちです。
それから、お腹が大きくなるせいで体をねじったりがしにくくなり、動作もゆっくりになります。
それでは、どうしても筋肉の量が落ちてしまいますし、基礎代謝が下がるためにカロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
加えて、骨盤が開いた状態になるので、お尻が大きくなったり、下腹部が出たりする原因にもなります。
産後ダイエットは、あせったり、無理をしてはいけません。
基礎代謝が低くなって、ますます太りやすい体質になったり、体調をくずしたりしてしまいます。
したがって、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を上げる努力をしましょう。
食事はカロリーを気にするより、バランスよく食べるようにします。
また、開いた骨盤を締めるのため、下腹部にサポーターやガードルを巻きましょう。座るときも脚を組まずに、姿勢に気をつけます。
産後ダイエットは、体重だけではなく、筋肉量を元に戻すようにすると、体が消費するエネルギーが増えて自然にやせられるようになります。

| 2008年07月26日 | 産後ダイエット | - | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| 2012年01月14日 | - | - | - |

トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。
Copyright (C) 体調を崩したり、ますます基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。 | 産後ダイエットに必要なこととは?. All Rights Reserved.